腸内環境健全系

腸内環境健全系

腸内細菌ですが、これは赤ちゃんが生まれてくるとき、母親の産道を通ってくるのですが、このときに細菌を飲んで何と24時間以内に1000億個以上に増えていきます。
赤ちゃんの最初の便が緑色というのは聞いたことがある人もいると思いますが、これは赤ちゃんに腸内細菌が定着したことのサインなのです。
それとは逆に死が近づいているときは、真っ黒な便になるといいます。
これは腸内細菌が全部出てしまうというサインなのです。

腸内細菌は人間にとって大切な存在であるのです。
代表的な存在が【大腸菌群】です。
なかでも【糞便性大腸菌】の場合は食べ物を分解し便として一緒に出るのですが、これも健康を維持してくれているものです。
【乳酸菌】は、腸の中をきれいに正常に維持することで便通を促進してくれる働きをしています。

細菌と聞くとなんだか悪者というイメージがありますが、人間と共存共栄することでお互いに利益を共有しています。
そこで、この細菌類のパワーをさらにアップさせることでダイエットにいかすことが考えられたのです。

便の話になってしまいますが、便の重さはだいたい300グラムと言われています。
これをもとにもし便秘で1週間排便がなかったとすると、単純にだいたい2kg体重は増加していまします。
さらに、本来老廃物である便を体内にためておくことはよくありません。
ですので、便だけをみても気をつけていきたいものです。
そのためにも腸内を活性化させるのが有効です。

ラックビー微粒やビオフェルミン錠剤、ビヒダス、ビフィア、ビフィーナ、ビフィーネなどといったように、種類も豊富です。

copyright(C)無理なくダイエットサプリ